バストのエイジングサインを感じたら

calendar

「最近バストが垂れてきた」「形が変わってきた」と感じる方はいませんか?実はバストの下垂は30歳を過ぎたころから、早い人では20代からすでに始まっているのです。しかも、悲しいことに バストは一度垂れたり、形が崩れると元には戻りません。

バストが下垂し、形が崩れていくのは誰にでも訪れる加齢変化。とはいえ、できるだけバストのエイジングを遅らせたいですよね。

そこで、ハリや弾力のある若々しいバストをキープするために、バストアップに関する正しい知識とケアを知っておきましょう。

 

バストが垂れる原因とは?

トップページ_Tシャツ_女性

バストが下垂するのは、バストの中で脂肪や乳腺などを結びつけているクーパー靭帯が伸びてしまうから。 しかも、クーパー靭帯は一度伸びると元に戻らず、バストを支える力が弱くなり、垂れてしまいます。 加齢をはじめ、 授乳や急激な体重増減、激しい運動などもクーパー靭帯が伸びる原因です。そのほかにも、ホルモンバランスの乱れや姿勢の悪さ、体に合わない下着をつけていることも、バストの下垂を早めてしまいます。

体に合わないブラジャーをつけていると、バストをしっかり支えられず、バストが揺れてクーパー靭帯が伸びる原因になります。また、しめつけがきつい場合だと、胸まわりの血流を悪化させ、バストに必要な栄養が行き届かなくなり、バストのエイジングを早めてしまうことになりかねません。

加齢によってクーパー靭帯が伸び、バストが垂れてしまうのを食い止めることはできません。年齢を重ねてもできるだけ若々しく豊かなバストをキープするためには、 自分の体に合った下着をつけて、正しい姿勢を保つように心がけましょう。また、エクササイズで胸まわりの筋肉を鍛えるのも効果的ですし、食事や睡眠など生活習慣にも気を配ることも大切です。

 

 

 

授乳後はバストが垂れる?

トップページ_授乳

バストが下垂する大きな原因の一つが授乳です。
妊娠すると母乳をつくる準備をするため、乳腺が発達し、胸が大きくなっていきます。そのときにクーパー靭帯や皮膚も一緒に伸びています。 授乳期を過ぎるとバストは小さくなりますが、クーパー靭帯は一度伸びると元に戻りませんし、皮膚も急激な収縮に追いつかず、伸びたままになり、その結果、バストが垂れてしまうのです。

授乳によるバストの下垂を防ぐには、まず授乳の仕方を工夫しましょう。赤ちゃんとバストとの距離をできるだけ近づけて、バストが引っ張られないようにしてください。

また、妊娠から産後にかけて、バストのサイズは急激に変化します。 サイズの変化に合わせて、マタニティー用のブラジャーを必ずつけるようにしましょう。 大きくなったバストは通常のブラジャーでは重みをしっかり支えきれず、バストの下垂につながります。

 

 

バストの下垂につながるNG習慣

トップページ_NG女性

日頃の何気ない習慣がバストの下垂を早めている可能性も。バストは一度垂れてしまうと元に戻りませんから、早めのケアや対策が重要です。以下の項目に当てはまる方は注意しましょう。

 

  • 姿勢が悪い
  • ブラジャーのサイズが合っていない
  • カップ付きキャミソールばかり着ている
  • 寝るときはノーブラ
  • ブラの中に多めにパッドを入れている
  • 栄養の偏った食事や激しいダイエット
  • ストレスが多い
  • 睡眠不足

 

 

エクササイズでバストの垂れを防ぐ!

トップページ_エクササイズ

バストの下垂をできるだけ防ぐためにも、毎日の習慣としてエクササイズを取り入れましょう。 バストアップのためには、大胸筋と肩甲骨まわりの筋肉を鍛えるのが効果的。
大胸筋を鍛えると、バストの位置が引き上がり、ふっくらハリも出てきます。また、肩甲骨まわりの筋肉をほぐしたり、鍛えることで、血行が促進されてバストにハリや弾力が出たり、姿勢がよくなってバストの位置が上がって、下垂を防ぐ効果が期待できます。

 

 

 

バストアップには食事も大切

トップページ_食事

「○○を食べれば胸が大きくなる」という食べ物はありません。バストアップのためには、栄養バランスよく食べることが大切です。

偏った食生活やダイエットで極端に食べる量を減らすのはNG。 必要な栄養が不足して女性ホルモンの分泌に悪影響を及ぼし、バストのハリがなくなったり、下垂する原因になります。

 

 

 

<参考>
北村珠希『オトナ女子のためのおっぱいケア手帖』主婦の友社、2017年
南雲吉則『おっぱいバイブル 南雲式メソッドで美しさも健康も手に入れる』小学館、2013年
ワコール ワコール人間科学研究所|下着ではじめるからだのエイジングケア[バスト編]
ワコール ワコール ボディブック
ワコール ワコールマタニティ

この記事をシェアする